FC2ブログ

今日の庚申様・・・

最近、庚申塔が気になって仕方が無い。

現場へ向かう途中などでついつい車を止めてしまう。

今日は上尾の庚申塔。

4912.jpg


庚申塔の種類は、仏教系、神道系、それらの習合系、道祖神系などいろいろあるらしい。

代表的な仏教系では、青面金剛(しょうめんこんごう:顔の色が青い金剛童子)を

庚申信仰の本尊とするものが多い。

怒りの形相、身に蛇をまとう鬼神で病鬼を払い除くことに威力絶大とされる。

庚申の申(さる)→(猿)との関連で、庚申信仰には三匹の猿も登場する。

三尸による天帝への報告を阻止する意味で、

「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿が庚申信仰に取り入れられたようだ。 

三猿は、東照宮の左甚五郎の彫刻で知られているが、

庚申塔の三猿は、室町時代に始まるとされるので、庚申塔の三猿の方が古いのだろう。

配置は、中央に青面金剛、上部に日輪月輪、

下部に三猿や鶏(夜明けを待つという意味らしい)となっている。

右上にある文字は明和元年

調べれば1764年で、埼玉県は不作と洪水で一揆なども起こっており、

処刑、島流しなどでたくさんの血が流れたとある。

そんな最中に、人々の素朴な信仰心がこんな庚申塔を彫らせた。

形こそ違うが大変な時代は今も昔も変わらないが・・・

この庚申塔は全てを見てきたのだと思うと感慨深い。

200年ほどの昔に思いを馳せる。

忙しい中で、ちょっとマイブーム。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

と-ちゃん

Author:と-ちゃん
ようこそ「とーちゃんが行く!」へ!
穂高企画は埼玉県桶川市にあります。
弊社は人と犬が快適に過ごせるお庭を創造しています。ログハウス、各種造園工事など弊社にお任せください。また、弊社直営のドッグラン、カフェN36°へも是非おこしください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
(株)穂高企画
埼玉県桶川市坂田572-1 info@hodaka-kikaku.com 048-728-8030
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター