FC2ブログ

ガレージ

映画「世界最速のインディアン」

アンソニー・ホフキンスが好演した主人公バート・マンローは実在の人物(1899~1978)で

1000cc以下の流線型バイク世界最速記録保持者である。

彼は映画の中でもそうであったように、実生活の殆どをガレージで暮らしていたという。

彼にとって夢を見続けることは生活そのものであり、

それをかなえるマシンと常に同じ環境で過ごすということは必然の姿であったのかもしれない。

高齢60歳を過ぎた彼の夢は二輪世界最速への挑戦であった。

オイルキャップは軽量化のためにブランデーのコルクを使用。

ピストンはフォードとシボレーのピストンを溶かして作ったオリジナル。

タイヤは普通のタイヤをナイフで削ったオリジナルスリック。

ハンドルは曲がることを前提としない直線仕様ハンドル etc・・・

ただただ、スピードを追い、粗末なツールでマシンの改造を愉しむ。

マンロー曰く「顔にしわはあっても、心はまだ18歳だ」というセリフが熱い。

彼の1920年型インディアンスカウトのそもそもの最高速度は80キロ台、

改良を重ねたマンロースペシャルは最終的にアメリカボンヌビィル塩平原にて

1962年、時速331キロにまで達した。

そして現在もその記録は破られていない。



夢を追う人の姿はどこまでも熱く、人々を魅了する。

誰もが幼い頃、若い頃に描いた夢を封印してしまっている。

世間体という殻をどこまで剥いで言ったら、そんな幼い日の夢に再会できるのだろう。

もしかしたらガレージとは、そんな自分に回帰できる近道なのかもしれない。

それは車やバイクに限らず、ある人は自転車かもしれないし、

釣りやアウトドアーと言ったものかもしれない。

そして、ある人にとっては音楽、写真、絵、酒・・・。

ガレージと括ってしまったけれど、それぞれの表現は書斎でもいいし、

スタジオ、アトリエ、プレイルームなど、なんでも良いのだと思う。

要は、その人なりのテーマで自分の瞑想、追及、創造、発信基地を持つという発想。

穂高はそんな夢作り、空間造りのお手伝いができたら・・・と思います。

既成のプランではなく、100パーセントあなたの感性を具現化できるのが穂高ならでは。

If you don’t follow through on your dreams,
you might as well be a vegetable.
「夢を追わない人間は野菜とおなじだ」 バート・マンロー

326035view007.jpg


あなたの夢を語りに来て下さい。
 
自分を取り戻す・・・

本当の自分に出会える・・・夢空間創造。

ガレージライフ・・・はじめませんか。。。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

彼が記録を作った年齢に近付くにつれ、その凄さに圧倒される思いがします。
疲れたとか、もう若くないからなんて言っている自分が恥ずかしくなります。

「5分が一生に勝る。一生よりも充実した5分間だ」なんて言えるようなものを見つけたいものです。
もしそれを見つけることができたら、穂高企画さん・・・手伝いをお願いしますね。

No title

本当に・・・
バート・マンロー爺さんにはパワーを貰いますね。
この映画は私のナンバー1です。
アメリカボンヌビィル塩平原にたどり着いた爺さんが、立ち尽くすシーンは泣けました。

この物で満たされてしまった「豊か」とされる時代に生きて
皆が感じている閉塞感、虚無感はいったいなんなのだろうって良く考えます。
立ち止まり、振り返り・・・
置いてきてしまった物を、拾い集めに戻ることは
はずかしい事ではないと思うのです。

きっとお手伝いさせてくださいませ・・・。
プロフィール

と-ちゃん

Author:と-ちゃん
ようこそ「とーちゃんが行く!」へ!
穂高企画は埼玉県桶川市にあります。
弊社は人と犬が快適に過ごせるお庭を創造しています。ログハウス、各種造園工事など弊社にお任せください。また、弊社直営のドッグラン、カフェN36°へも是非おこしください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
(株)穂高企画
埼玉県桶川市坂田572-1 info@hodaka-kikaku.com 048-728-8030
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター