FC2ブログ

今年もこれこれ・・・

もう今年で10年

風邪で寝込んだことはない。

そう・・・

あの健康法を実践してからなのだ。

それまでの自分は1年に2度も3度も熱出してた気がする。

これからも・・・風邪には負けないさ!

でも良く体は温めて・・・これこれ・・・こんなのを飲む。

IMG_8619.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おーーー 良いですね。このシリーズの「飴」も美味しいですよ。

あと、毎日出来て効果バツグンなのが、湯上がりに足先から
冷水シャワーをかけること、膝くらいまでかけたら又足下に
戻って少々ジンジンするくらいかけ続ける。
すると上がってからぽかぽかが持続します。
それと最後が肝心。

慌ててパジャマを着込むと却って湯冷めするって知ってました?
ある程度表面の暖かみが収まってから着ましょう。

足先ポカポカ&変な汗をかいて体が冷えないって、良いこと2点で
風邪引き知らずですよ。お金もかからず良いでしょ(笑)

インフルエンザには、勝てませんので念のため。

とーちゃんの「あの健康法」ってのに、激しく興味津々・・・

No title

マロン母さん・・・いい情報ありがとうございます。
さっそくやってみますね。
何となく・・・ホカホカが封印される感じ・・・
サウナの後水風呂みたいな・・・解ります。
色んな知恵があるんですね。

私の健康法は良いですよ!
お風呂では、基本湯に浸かるかシャワーだけにするんです。
もし気になるなら、脇、股間、足くらい固形せっけんで洗うくらいにして・・・
これで体をバリヤーしている悪さをしない常在菌が守れます。
常在菌が、しっかりしていれば、
先住菌は強い・・・の法則(チーズや納豆などが、他の菌を寄せ付けない)で
悪さをする菌は蔓延ることができず消滅していくんです。
ばい菌は生き物です。
棲む場所が広々していて餌もたっぷりあれば、どんどん繁殖するわけです。
だから先住者の常在菌がいて棲む場所も餌も常在菌が確保していれば、
悪玉菌が来ても用意には住み着けないんです。
常在菌がいるから悪い菌に感染しないってことです。
だから石鹸は使いすぎないように。
特にボディーソープ系や薬用石鹸のような消毒効果のある石鹸は絶対だめです。
お湯洗いだけで十分汚れは落ちるんです。
それから、女性にはうれしい話ですが、皮脂がコントロールされて
お肌ツルツルになるんですよ。
よろしかったら実践してみてください。

※これは基本健康な人に通用するのでは・・・と、私の解釈です。
ですから医療の現場や、食品衛生の現場などでは
もちろん徹底した滅菌が必要なことは言うまでもありません。



No title

なるへそ、なるへそ。
そんな健康法があるんですね~。
10年風邪知らずなんて、
ほんとうにほんとうに
うらやましい限りです。

私なんて、
日々の生活態度ゆるゆる、
緊張感なしの隙間だらけ。
なもんだから、
風邪菌さんからすれば、
いつでもバイキング状態。
菌友に口コミで広がり、
ランチ時ともなれば、
風邪菌君たちの行列できてます。
とほほ。

よ~~し、
今年はいろいろ考えて、
風邪を引かない一年に
するぞ~~っと!

ご挨拶おくれました。
こんにちわん。

今年もブログで
色々ご講義おねがいいたします。

さてさて、
菌と聞いて
思い出したことあります。
「空飛ぶ寄生虫」の著者、
藤田紘一郎氏がすごく昔、
本か、ラジオでおっしゃってたのか
わすれましたが、
若い人が入って出てきたトイレに
すぐ入って、便座にすわり、
若くてピチピチした菌を
オシリに付くようにするって!
オジサンやジイサンではダメなんだって。
それが、健康法だって。
しかも、藤田センセは
ギョウチュウとやらを
ご自身の身体で
名前なんて付けて
飼って健康維持してたそうです。

極端の話だけれど、
なんでも滅菌、滅菌は
考えもんってことですね。

またまた菌で思い出しました!
子供の頃、目黒区に住んでいて、
近所に「寄生虫館」たるものがありまして、
子供心に怖いもの見たさにしょっちゅう
行ってました。
世界中の寄生虫が、
ホルマリンだかアルコールだかに
漬けられていて、
この世の物とは
到底思えないシロモノの数々に
口を開け、目をシロクロさせて
見たもんです。

大人になって、どうしても
もう一度行きたくなって、
昔のあった場所
(オオトリ神社の並び)
に行きました。
キョロキョロ見渡しても
あの記憶の建物が無くて、
道行く人にどこぞに行ってしもたかと
たずねると、
「あんたの目も前じゃ」と。

そう、すごい立派なビルになってました。
中身は昔のまんま。
懐かしくて涙でそうでした。
(でも寄生虫見て泣くな~~って。)
相変わらずすごいです。まじ。

こんな分野も、
ぜひ覗いてみてほしいチュウ~~。

へんなオハナシですみません。
今年も
どうぞ
よろしく
おねがい
いたします。

アタマペコリ。









No title

迦るら さん こんにちは!
ちょっと調べれば・・・
そこは世界でただ一つの寄生虫の博物館で・・・
10メートル近いサナダムシの標本があったり・・・
サナダムシは触れないけれど
同じ長さのサナダ紐がビヨンビヨン触れるようになっていたり・・・
サナダムシのTシャツがあったり・・・
これは行ってきますよ。
迦るら さんは、そんなのを見て健やかに育ったのですね。

自然と言うのには無駄なものは無いと言いますが
確かにその通りですね。
無農薬でリンゴを作ることに成功した木村秋則さんは
いっさいを自然に任せ、肥料さえも与えずに
丈夫な美味しいリンゴを作っています。
秘訣は害虫も益虫も受け入れること。
やがて、肥料さえも自然のサイクルの中から採る
逞しく丈夫なりんごの樹が育つ。
樹が努力するんでしょうね・・・生きていくために。
科学物質漬けの現代人に対し、大事なメッセージがある気がします。

「今、ラピュタがなぜ滅びたのか、私よくわかる。
 ゴンドアの谷の詩にあるもの。
 土に根を下ろし 風と共に生きよう
 種と共に冬を越え 鳥と共に春を歌おう
 どんなに恐ろしい武器を持っても、
 たくさんのかわいそうなロボットを操っても、
 土から離れては生きられないのよ」
   そういってシータも結んだわけです。
プロフィール

と-ちゃん

Author:と-ちゃん
ようこそ「とーちゃんが行く!」へ!
穂高企画は埼玉県桶川市にあります。
弊社は人と犬が快適に過ごせるお庭を創造しています。ログハウス、各種造園工事など弊社にお任せください。また、弊社直営のドッグラン、カフェN36°へも是非おこしください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
(株)穂高企画
埼玉県桶川市坂田572-1 info@hodaka-kikaku.com 048-728-8030
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター